知っていますか!?天然水についての3つの疑問

天然水とはいったい何か!?

天然の成分からなる天然水は、水道水とは違いカルキ臭がありません。また、自然によって濾過されておりミネラル分が豊富な水が天然水です。よく天然水とミネラルウォーターは同じものだと思う人が多いですが、自然からなるものが天然水であり、人工的に作られたものがミネラルウォーターというわけなのです。ですが、実際のところややこしいこともあり、天然水から作られているミネラルウォーターもあるので、はっきりとした区別はないというわけなのです。

天然水ならば安全なのか!?

天然水は、塩素消毒もされていませんし、有害物質も含まれていません。ですから安心して飲むことのできる水であり、栄養価の高い水ですので、健康面や水の安全面から日常的に天然水を飲んでいる人はたくさんいるはずです。ですが、天然水だからといってすべての天然水が安全とは言えない現状があります。それは、天然水を摂取する地域によっては、水道の水よりも基準が低いものがあるためなのです。水道の水も海外に比べれば安全性はもちろん高いですよ。

どうして水が100円もするの!?

天然水は水道水よりも健康的にも安全面的にも良いものであることは分かったけれど、水が100円もするなんて高すぎると思ったことが一度はあるはずです。それは、ただ採取した水を販売しているだけではないのです。摂取した水を殺菌してボトル詰めをしますし、そこから検査を通して出荷されます。間には問屋が入りますし、ボトル代や人件費、配送費などもかかるため、それらを合計した金額が100円くらいになってしまうわけなのですね。

生産から最終的な段階までしっかりと管理をすることが出来るように水のトレーサビリティを整えることで品質の維持が実現します。

知っていますか!?天然水についての3つの疑問