故障ではないこともある!?機械式時計の特徴

振ると音がするというのは?

初めて機械式時計を購入したというような場合、どのような症状が故障の症状なのかわからなかったりしますよね。特に機械式時計というのは、一般に流通している数多の時計とは構造や趣がまったく違うものですから、初めて使う場合はどうしても戸惑ってしまうものです。たとえば、振ると音がするという場合、これは故障なのかどうかわからなかったりしませんか?機械式時計は多かれ少なかれ、振れば音が出るものですから、心配しなくても大丈夫でしょう。

機械式時計の秒針とは

機械式時計の秒針というのは、もともと軍隊が秒単位の作業をするためにつけられた機能であり、したがってアンティークや中古の機械式時計の場合、秒針を止める機能がついてなかったりします。なので、リューズを引いても秒針が止まらないなんてことがあるかもしれませんが、それも故障というわけではありません。実際の生活では秒針に注意しながら行動するということってあまりありませんよね。確かに現代は秒針にさえ注意を払って行動する人もいるかもしれませんが、機械式時計を使っている時は是非ともこうした秒単位の時間にはとらわれないで行動したいものですね。

時計が止まってしまった場合

機械式時計では、時間合わせをした時に時計が止まってしまったということもたまにあります。こういう場合は、オーバーホールが必要な故障をきたしている場合もありますが、単に振動などによってテンプの動作が止まってしまっているだけということも考えられます。こういう場合は、軽く時計を振ってあげると正常に動くことがあります。ただ、油が切れている等で動きが悪くなってしまっているという場合もあるので、一度時計店で見てもらうと安心かもしれませんね。

オーデマピゲは、スイスに本拠を置く時計・宝飾品メーカーです。世界三大高級時計メーカーの一角とされています。

故障ではないこともある!?機械式時計の特徴