iPhoneケース!あなたの好みは何派?

画面をカバー出来る手帳派

iPhoneケースを見ていると沢山ありすぎてなかなか決めることが出来ませんよね。手帳タイプも種類が豊富です。手帳タイプの特徴はiPhoneの画面の隅々に至るまで覆うことが出来るので、傷を心配する人には持ってこいです。また、画面上に出てくる通知が他人に見られたくない場合にも隠してくれるのでGOOD。使いにくい点としては、通話中に開いた表紙の部分が少し邪魔します。ピラピラとさせるか、裏側へ折り返すかという取り扱いになります。

スリムでスタイリッシュなバンパー型

iPhoneのケースで、元のデザインを出来るだけ残しながら必要最低限だけ保護出来るのがバンパー型のケースです。バンパー型の多くは、iPhoneの側面だけを覆うことが出来る金属や樹脂、木製のものです。表面、裏面は元のiPhoneがむき出しとなります。シンプルで薄くオリジナルのデザインを楽しめるという意味では魅力のあるケースです。ただ気になるのが、iPhone本体に傷が付きやすくなってしまう点ですね。

頑丈なサバイバル系ケース

やっぱケースなんだから保護性能が最優先!って人も多いはず。なんせ高価なiPhoneですから壊れると泣けてきちゃいます。そういう人には衝撃に強い樹脂製ボディーのものや、防水性能をもった水中でもカメラが使えるもの、軍隊で使われている高強度品などがあります。ケースに入れたiPhoneを投げたり踏んだりしても中のiPhoneは無傷です、という動画を見せられると安心感バツグンですよね!ただこういったケースに入れると大きくなり過ぎるのが難点です。

スキンシールを取り扱う専門店ではイラストや写真を用意すれば、オリジナルものを作成して貰うことが出来ます。

iPhoneケース!あなたの好みは何派?